1 部屋にある教材を見渡せば・・

問題と解答が載ってる本やプリントが多くないですか?

数が多かったから 見る気も失せた、復習する気も失せたから。

私に同意するなら、参考書と過去問以外は捨ててしまえばいい。

捨てたフリはいらない、本当に捨てるのだ。

2 予備校、塾、通信教材を利用した人へ

学校の講義やプログラムについていけましたか?

もしかしたら、家に紙が貯まっていっただけじゃないですか?

私に同意するなら、

あなた専用で徹底的に教えてくれる人を必死に探してください。

 

3 知ってること、覚えたことが本番で出てましたか?

出てないですよね?

そんなこと、10年前から分かってる、決まってること。

私は何年も前から 同じことを3000回ぐらい言ってます。

新しくなったとか、難しくなったとか、どうでもいい。

しょせん シロウト判断の情報です。

私の教材買った人、私に教えられた人は

そこを先にみんな分かってて、

普段から受かる勉強だけを実践して試験会場のイスに座ってます。

これは試験の仕組み、知識の話になるんで、

私が作った教材や直接指導のページを見てください。

 

4 ホンマに宅建の資格がほしいのか?

個人的な優先順位ですよ。

宅建取ることよりも、大事なことに時間と金と労力を使う・・

だったら・・

試験で負けてもモンク言えないですよね?

そもそも、落ちて悲しむ必要はゼロです。

ところで、

私の教材買ってくれる人、

私の直接指導に金払ってくれる人に 半端な人はいない。

「とりあえず今は 資格取るために必死で勉強する」

それが1番でなく、それしか頭にない、

だから 教えてる私も必死になれる。

結果、合格できる確率が高い。

「勝った負けた」を気にするんではなく、合格できるまでがんばれるんです。

そうゆう真摯な人間がいてくれるからこそ 私もこうゆう記事をここで書いてるんです。

試験で落ちて泣くのはまだ早いで。

勝って終わった後に号泣してくれ。

 

私に同意してくれるなら、

経済観念や悪い習慣を捨てて、

もう一回立ち上がって欲しい。

これ以上の 再挑戦して合格するための武器、ヒントは 下記のリンクから見てください。

以上

寺本考志